FC2ブログ

one

2006/08/03(木)


SLR680

体が弱くなると、心も弱くなる。
体も心と繋がっている、ひとつなんだ。と実感する。

もう強がるのはやめよう。
弱い私も受け止めてあげようと思う。

[書籍ver.]

Copyright(C)2005-2009 HUG*camera All rights reserved.

Comment


錆ものだね。

弱い自分を受け入れることは、決して甘やかすことではなくて、弱さを知ることだと思うんだ。

強がってばかりいると、それが当たり前になってしまって、察してほしいのにわかってくれないといらいらしてしまうから、弱さを見せるのも時には必要なことだと思う。

自分の弱さを受け入れることで、自分にも人に対してもやさしくなれると思うんだ。

そうやって本当の意味で強くなれるんだと思います。

2006/08/03(木) 11:06 | URL | くみぞう [ 編集]


弱い自分を、自分が受けれてあげなくて、誰が受け入れてくれるの?
弱っている時は、自分を大切にしてあげてください。
他人に甘えてもいい、泣いてもいい、
早く元気になって、今度は誰かのために笑ってあげてください。
必要なら、わたしの胸でお泣き~。

2006/08/03(木) 12:31 | URL | ミー [ 編集]


→くみちゃん

保育園の近くでね、家の解体作業をしてたの。
無造作に置かれたこれらが
少し寂しげに、少し誇らしげに思えたよ。

どうしても強がってしまう自分がいて
大切に想うようになればなるほど
その人に対して強がってしまう悪い癖。

弱さは甘えだと。
そう想う自分がまだまだいて。難しいね。笑

ありがとう、くみちゃん。
こういう人になりたいなぁと想う人の中にくみちゃんがいますから◎

2006/08/03(木) 12:53 | URL | eri [ 編集]


→ミーちゃん

そうだよね。自分が受け入れてあげないと
かわいそうすぎる!笑
少しでも早く復活できるように頑張るよ。
いや、頑張らないけれど。
ありがとーーー
またお話しようね~~

2006/08/03(木) 12:55 | URL | eri [ 編集]


そだそだ。
それでいいと思うよ。
ココロとカラダは常にバランスだからね。
早く元気になるといいね^^

ファイトォ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*!!!☆

2006/08/03(木) 14:30 | URL | REI [ 編集]


おぉ瓦礫(廃材か)ポラ!好きだなぁ

大丈夫じゃないのに大丈夫って言ってしまう気持わかる。
我慢して限界こえて、結局人にもっと心配かけちゃうんだよね。

弱っちぃ自分も好きになれるといいね。

2006/08/03(木) 15:45 | URL | bb□ [ 編集]


このポラすごく好きです。
弱い自分、自分自身で見て見ぬふりしたりしちゃいます。
ほんとは崩れそうなのに、人前では強い振りしちゃったりね。
弱さも全部さらけ出せる勇気が持てたら、とても楽なのかなーなんて思います。
eriちゃん、頑張りすぎないでね。

2006/08/03(木) 20:53 | URL | あずき [ 編集]


私も体調が悪いと、心もすさんでしまいがち。
でも、モノは朽ちていってしまうけど、
人の心と体はちゃんと復活できるんだよね。
お薬はeriちんの愛する人たちと、
弱い自分を受け入れること。
今はきっと、「ゆっくりしなさい」って神様が言ってるのかも。
大事にしてね^^

2006/08/03(木) 22:59 | URL | aqua [ 編集]


→REIちん

ありがとう◎
バランスって大事だよね。
崩れると本当に危ないし。

2006/08/07(月) 00:29 | URL | eri [ 編集]


→bb□さん

うん。瓦礫とか廃材とかいいよね。
最近撮りたいものかもしれないよー。
あはは。そうかも。
我慢することって意外といいことない。笑

2006/08/07(月) 00:30 | URL | eri [ 編集]


→あずきちゃん

ありがとう◎
見て見ぬふり。わかるなー。そうなのー。
さらけ出せる勇気、出さない勇気、
きっと両方必要なんだろうね。
ムズカシイナー笑

2006/08/07(月) 00:31 | URL | eri [ 編集]


→aquaちゃん

わ。aquaちゃんもそうなの?
そうかもなぁ。
私にとってのお薬は
私の大切な人たち、愛する人、まさにそうかも。
ありがとう◎

2006/08/07(月) 00:32 | URL | eri [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |