FC2ブログ

つ ぶ や く

2010/04/24(土)



小さくとも大きい悲しみに

似たその存在も、

また誰かの生きるカケラに なるのだろう。

[CanonEOSKissDN]

Copyright(C)2005-2009 HUG*camera All rights reserved.

| HOME |