スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告]

さて、

2009/06/30(火)


SLR680

あなたたちへの愛情を
幾つかの創られた言葉を以って
表現することなんて出来ないけれど、
きちんと伝えないとわからないことも、
あるんだよね

まっすぐまっすぐな曲がり道を歩いて。

*

目に見える変化は
わたしを誰かを優しく強くしてくれるのかな、
ときどき 臆病 だから。

スポンサーサイト

[SLR680]

今という場所

2009/06/29(月)


SLR680

あなたはきっと
あなたらしく安らげる
今という場所にいるんでしょう?

ほんの少し顔をのぞかせたところで
ひょっこり出逢えたら
きっと笑ってしまうから許して。

*

去年、駐車場の隅っこに倒れていたタチアオイは
今年はちいさくちいさくなって
それでも元気に花を咲かせていた。

ほーんとにうれしかった。

[SLR680]

*

2009/06/28(日)


CanonEOSKissDN/Self

清里へ。

憧れの写真家、細江さんが館長をつとめる
清里フォトアートミュージアムに行き、
細江さんの写真、またわたしと同年代の方々の写真を見てきた。

「わたしはわたしで」の気持ちが強く前に浮かんだ気がした。

*

よくわからないけれど、楽しいから今はいいや。

[CanonEOSKissDN]

再会

2009/06/27(土)


RolleiFlex

並んだ顔ぶれに
変化はなく(良い意味で)

先生、少し老けたかな
わたしたちの年齢を聞いて
ひとり驚いていた。

今も随分勉強して頑張っていると、
あのときのわたしたちが基礎となり
急がばまわれな昔とは違う近道を見つけたとのこと。

一等賞よりも何よりも
今思えばあの時間があったからこその

わたしたち。

[RolleiFlex]

ねえ

2009/06/26(金)


SLR680

すきな色

すきな写真

すきな香り

虹色の傘を広げて待ってるから。

[SLR680]

雨の日、田んぼにて

2009/06/25(木)


SLR680

カエルを探して声をあげる。

この後、息子は田んぼに落ちて泥だらけ。

もう笑うしかない、そんな日々が好きだと心底。

[SLR680]

空の色

2009/06/24(水)


mobile

あなたが眺めたあの空と
わたしが見つめたこの空が
同じ色だったらいいのに。

*

いい年齢の大人が
小さなケーキを囲んでハッピーバースデーの歌を唄う。
いいじゃない?そんな素敵なひとたちに囲まれて
わたしは本当に幸せだと思う。

還暦、おめでとうございました。

[mobile]

2009/06/23(火)


mobile

ほんの一瞬でも、なんて言えずに
そんなわたしらしさはきっと要らない。

何色にでもなれる、わたしになりたい。

[mobile]

横顔

2009/06/22(月)


SONYサイバーショット

ずっと 眺めていたいものってきっと 僅か、だから。

*

だいすきなアーティストが出演する
夏フェスに参加することになった。
わたしの写真を好き、と言ってくれている友達と
やっと会える、そんな楽しみ。

[SONYサイバーショット]

その呼吸が

2009/06/21(日)


SONYサイバーショット

その呼吸が奏でる心音を
聴くことが出来なかった。

どんなに
どんなに

聴きたくとも、今は いつか 必ず。

*

自宅に閉じこもりながら写真とモニタにらめっこ。
夕方からは子供たちを連れて散歩へ。
長く続くしりとりの 終わりは忘れてしまったけれど。

[SONYサイバーショット]

えがお

2009/06/20(土)


SX-70+ND/600film

えがおっていいよね、
だからあなたも今日も笑っていてほしいのです。

*

朝起きたら隣にいる
そんな不思議、そんな寝顔、
わたしは隣りで「秘密」の読書タイムだったけど。

[SX-70]

鎌倉、海 と。

2009/06/19(金)


SX-70/Thanks miyuu

久しぶりの鎌倉、紫陽花に重なり連なるひとの数は
もはや平日とは思えず。

江ノ電、各駅停車の旅はゆるやかに速度を速めて。

やっぱりポラで撮りたくなって
貸してくれてありがとう。
紫陽花でも海でもなく、あなたを撮りたくなって。

[SX-70]

*

2009/06/18(木)


RolleiFlex/kodak 400TX

刹那によみがえる記憶の糸が
何本も現れる。

1本選び、また1本選び、
重なった束を結って大切に胸に引き寄せる。

*

久しぶりに現像に出した。
枚数的にはそれほどないけれど、
気持ちよく撮ったフィルムからは気持ちよい写真が現れる。

今日はとても いい気分。

[RolleiFlex]

海で。

2009/06/17(水)


RolleiFlex/kodak 400TX

ほんのり温かい中に
ひんやりとした冷たさと

何かに似ているけれど、思い出せない感覚。

[RolleiFlex]

声の温度

2009/06/16(火)


FM3A/FUJI PRESTO1600

”こっちへおいで”

そう手を伸ばす声の温度を
きっとずっと覚えてるはず。

[Nikon*FM3A]

消えてしまうもの

2009/06/15(月)


SLR680

時々 不安に なることだってある。

手からすり抜ける砂や滴、そして煙。

つかむ気力も今はなく、
ただそこに立ち尽くしていることに意味があればいい。

今はきっと遠回りだとしても。

[SLR680]

ハナアオイ

2009/06/14(日)










CanonEOSKissDN

美しく

咲き誇って雨の降る。

届かなくて、どうしても。

[CanonEOSKissDN]

深海

2009/06/13(土)










SLR680


20代最後の年を迎える。
さて、何をしようか。

いろいろ考えてみることにしようと思う。

[SLR680]

シロクマンのこと

2009/06/12(金)


SLR680

たとえば、わたしのヒーロー、シロクマン。

げんきがないと、きっとかんじてくれる。
マントはないから かけてゆくさ。
びゅんとひとっとびだよ、なみだはみえないのに
どうしてわかっちゃう?
あっというまにそばにいくよ、
ほんのりポカポカあたたかくて
ふうわりやさしくきみをだきしめようか。

そしてあっというまにさっていくの、シロクマン。

さみしいや なんておもうまもなく いなくなるんだ、シロクマン。

ちいさくつぶやいた またね を ききながら。

[SLR680]

2009/06/11(木)


SLR680

深く深く、歩いた先にはどこに着く?

手を伸ばして、身体を伸ばして、
小さく一歩を踏み出してみて

落ちた先はきっと愉快なところ。

そんな夢を みた。

[SLR680]

A to

2009/06/10(水)


SLR680/model:ai

すべてはその声、その手、優しさ。

柔らかい笑顔

いまでもそれらを持つことが出来ていますか?

[SLR680]

陸上競技場

2009/06/09(火)


SLR680

偶然聞こえてきた声援。

懐かしい場所。

思いっきり走って、声あげて、
とおくとおく空を見て投げたんだっけ。

スターターピストル、紙火薬の匂いが流れる。

[SLR680]

m

2009/06/08(月)


SLR680/model:miyuu

あなたが嬉しいと
わたしも本当に嬉しいです。

寂しくなれば落ち込むけれど
雨上がりの虹を見ることも出来れば
一緒に笑える大切な人もきっとそばに。

おたんじょうびおめでとう◎

[SLR680]

*

2009/06/07(日)


SLR680/Thanks.ai&hi

ずっと触れたかったものに
やっと触れることができた。

その人自身の本来の姿を
見せてもらえる、そんな幸福。

おかあさんに甘える我が侭や
お菓子をわけてくれる優しさが
本当に かわいいな と思った。

逢いたく なった。

[SLR680]

連 鎖

2009/06/06(土)


SLR680

温かく想えば
温かく想われる

そんな連鎖

それも友情
それも愛

どんなことだって嬉しくなる

*

一瞬にして山紫陽花の虜となる。

[SLR680]

ひつじ

2009/06/05(金)


SX-70

ひつじのフィギュアが欲しかったのに出てきたものはキツネとフクロウ。

うさぎのピアスが欲しかったのに買ったのはドクロと星のピアス。

生きてることなんてそんなものだよ、そんなことだよ、
だから素敵なんだよ、生きているんだから。

*

どうしたら聞こえるようになるんだろう、と
一生懸命脳みそを働かせてみても
声を届けることしか今は思いつかないから、そうしている。

[SX-70]

tone,daily.

2009/06/04(木)


SLR680/model:ayumi

人生のうちで「教える」立場にまわることは
きっとこれ以上にないのかもしれない。

笑って 笑って 笑って

声のトーンもほんの少し上げてみる。

何年ぶりかに立つその場所は変わることなく
温かく迎え入れてくれているかのようで
まるで「おかえり」と肩をポンとたたかれるみたいに。

そんな好きな仕事に就いていられるのも
まわりのひとたちあってのこと。
そして家族に、本当の感謝を。

*

裸眼に映る夜景は、ぼんやりとした色とりどりの星たち。

しあわせな眼。

[SLR680]

絵日記

2009/06/03(水)


mobile

”子供たちのために” と、はじめた絵日記は
いつしか”わたしのため”となっていた。

「いってらっしゃい」

「おかえりなさい」

と、言ってあげることの出来ない現実に
しょげていたわたしを ポン と奥に追いやり
ほんの少し前を向こうと、思えるようになってきた。

[mobile]

わたし+虹色の傘

2009/06/02(火)


RolleiFlex/model:ayumi

雨の日には虹色の傘をさす。

わたしはいつか同じ傘をさす彼女に
また逢いたいと そう願っている。
それは雨で、散歩の途中でばったり。
なんていうのもいいかもしれない。

いつかは虹色の傘をさせば止んだ雨も
今は降り続いているけれど

気分だけは、上々。

[RolleiFlex]

6月、紫陽花。

2009/06/01(月)


FM3A

また、新しい月がはじまる。
深呼吸ひとつ、6月の空気を吸う。

言葉が出ない分、
今は身体が素直に動いてくれている。
それがいまの、わたしらしさ。

*

目に映る紫陽花の花は水色ばかり。

[Nikon*FM3A]

Copyright(C)2005-2009 HUG*camera All rights reserved.

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。