スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告]

#04 USJ

2008/04/30(水)


CanonEOSKissDN

USJ
子供たちは初めてのUSJ。
私は二回目。

何処に出かけるにもカメラを持ち歩くことはなくなって、
こうしたテーマパークのときは一台も持たないことがほとんど。
そんなときは撮られる側と化する。
ということで、私が撮った写真を探してみたら、
パーク外で撮ったこれしかなかった。苦笑

スポンサーサイト

[CanonEOSKissDN]

#03 大阪

2008/04/29(火)


SLR680

■大阪
おおさかにーはー うまいもんがー いっぱいあるんやでー♪
と歌う子供たち笑
たこ焼きも、いか焼きも大好きです◎



Acru
ずっと行きたかったAcruに行ってきました。
温かいひとたちに、温かく迎えられ心地の良い空間でした。
ギャラリーではモノクロ展、
すてきな作品の数々に何だかニンマリ。笑




出逢いに、感謝です。
どうもありがとう◎


[SLR680]

#02 姫路

2008/04/28(月)


SLR680

少しだけのんびりとした朝を、
馴染みのホテルの一室で迎える。



姫路城
世界遺産・国宝姫路城へ。
なんとなく、見てみたかった。
なんとなく の直感を少し大切にしている。

これ、よく見えないけれど。というか、消えているけれど。
光溢れる左側には娘がいたはず、なんだけど。。苦笑




新緑溢れる枝垂れ桜の下にて。


[SLR680]

#01 鳥取

2008/04/27(日)


SLR680

旅行1日目。
大好きな彼女の故郷でもある、鳥取。

鳥取砂丘
ずっと行ってみたかった鳥取砂丘、
念願叶ってようやく自分の足で立つことが出来ました。

どんどん靴の中に入ってくる砂が面倒で、最後は裸足に。
気付いたらみんな素足で歩いてた。笑
やっぱりね、肌で感じるものがいいんだと思う。心にも、身体にも。



まさにオアシス。
息子はせっせと泥だんご作っていました。。苦笑

このオアシスの手前、実は凄い砂の絶壁。
登るのはきっと大変なんだろうな、降りるのは気持ちよかったー。



植田正治写真美術館/西伯郡
砂丘といえば、この人なのに、砂丘に降り立つまで思い出しもしなかった苦笑
ということで、急遽立ち寄ってもらいました。

水木しげるロード/境港
これも急遽。
子供たちと私でかなり興奮。
妖怪像がね、すごいリアルなんです。
着いたのが夕方以降のため、写真なし。

*

ただいま◎
ということで、無事に旅行から戻ってきました。
久しぶりに70枚近くのポラを撮ってきました。
その後のスキャンのことなんて全く考えていませんでした苦笑
少しずつ旅の思い出を記していこうかな。

フィルム写真のほうはまだ現像にすら出していないので
またそのうち。。苦笑

流行廃りはお構いなしに、誰が為でもなく、私は私の好きな写真を撮っていきます。

[SLR680]

see you !

2008/04/26(土)


SLR680

ひらひら舞う ちょうちょ
暖かい此処はきっと極楽なんだろうね、って
夫と話してた場所は多摩動物園の昆虫園の温室。笑



今、翼がバサッと生えたら
多分、ニコテンに飛んで行ってると 思う。。。



*

またね◎

[SLR680]

kiss

2008/04/25(金)


SLR680

桜に向かってキスしようとしている姿が可愛くて
写真におさめようとしたら・・・桜を食べているみたいに写っていた。笑

でも可愛いから、これもまたよし!ってことになるんだけれど◎

[SLR680]

理想と現実

2008/04/24(木)


SLR680

ポラロイドは、現実を理想へと 変えた。

もちろん、そこは夢の中 でだったけれど。

[SLR680]

決め

2008/04/23(水)


SLR680

決めポーズ・・・なんだろうか。苦笑
どんなところでも(芝生でも砂浜でも道端でも)寝転ぶのは習性?笑

最近はこんな写真ばかり。
でも愉しい、だからいい。うん。

[SLR680]

R&M

2008/04/22(火)


SLR680

向き合ってばかりも疲れる。
でも角度を変えてながめてみれば隣同士、肩を並べていたりする。

そんな距離と価値観を、少し大切に出来たらいいのかもしれない。




[SLR680]

高遠

2008/04/21(月)


CanonEOSKissDN

高遠の桜、見事に満開でした。
本当に本当にキレイだった、まともに見た今年最後の夜桜、だろうな。

そんな途中の朽ちた集落とか。



HUGrim photograh 「 高遠、桜。過去と手を繋ぐ。 」up.

[CanonEOSKissDN]

特徴

2008/04/20(日)


CanonEOSKissDN/photograph by eri

まだまだ山と山には雪が残っていたけれど、
久しぶりの長野、穏やかな時を過ごす。


CanonEOSKissDN/photograph by ricky

この日、珍しく4人が4通りの写真を撮っていた。


CanonEOSKissDN/photograph by miki

それぞれに、特徴というか個性というか
写すものへの気持ちもそれぞれ違うんだ、ってことが 何となくだけれど


CanonEOSKissDN/photograph by yuki

解った気が した。

*

そういえば、な出来事。

4/5付けの神奈川新聞の広告ページに
家族写真が載ってました。笑
「載るかどうかはわかりませんー」って言われてたんだけれど
ご丁寧に掲載紙を送ってくれたことで発覚。。。あはは

TOKYO SMART DRIVER -首都高の事故を減らすプロジェクト-

[CanonEOSKissDN]

balloon

2008/04/19(土)


FM3A/AGFA vista400

歓声とともに放たれた風船を彼女と見上げた、暖かい日。

パスタをフォークに巻きつけながら、
何を話してたんだっけ、と思いながらちょっと笑ってみたり。


[Nikon*FM3A]

光の表

2008/04/18(金)


RolleiFlex/Kodak portra400NC

ありのままの表側の世界を
そこに 見ている。


[RolleiFlex]

2008/04/17(木)


RolleiFlex/Kodak portra400NC

図書館がすきだ、だいすきだ。
それぞれが、誰かの手に取られ、読まれ、
その本を自分が手にして、放れた途端にまた誰かの手に。

そんな繋がりが何となくすきだ。

*

雨降りの帰り道、
毎日二回通る花屋の前に
少しだけ早い紫陽花の姿が目に留まった。

[RolleiFlex]

よーい

2008/04/16(水)


RolleiFlex/Kodak portra400NC

どんっ!!!

*

夜空は何色になるか。
季節か、空気か、温度か、
はたまた私の視覚か気持ちか、
何によって変化が起こるのかは判らないけれど

今宵の空が何色だったのか、まるで覚えていない。



[RolleiFlex]

動静

2008/04/15(火)


RolleiFlex/Kodak portra400NC

あくまでも現実であって、日常的なもの。

*

昨日は1日母親業フル回転。
午前中から間違えて授業参観、
他の間違えた友達と美味しいランチを足早に◎

午後は国語の授業、
息子の真後ろに陣取って本番参観。
大きな声で読む「ふきのとう」
懐かしく、そして何処か新鮮で。

[RolleiFlex]

春という、君の名は。

2008/04/14(月)


RolleiFlex/Kodak 400TX

春に残る雪は冷たく硬く、
待ち侘びる暖かな風と光が見つからないまま
そこに佇んでいた。

私の声は君には届かない。
君の声も私には届かない。

手を伸ばす気力も、ないまま。

*

HUGrim photograph [ 春という君の名は。] up.

*

兄の誕生日。

[RolleiFlex]

わだかまり

2008/04/13(日)


RolleiFlex/Kodak400TX

融けないで残る雪。
そこに在るわだかまりみたいなもの、かな。

[RolleiFlex]

なんとなく

2008/04/12(土)


FM3A/FUJI NEOPAN1600 Super PRESTO/model:ayumi

ポラで桜を撮ったこの間のこと。
最後の桜になるかもしれない、なんて思ったりして。

大きな桜の樹の下で笑っている彼女が脳裏に浮かんで、少し切なかった。

[Nikon*FM3A]

桜舞う午後に

2008/04/11(金)


CanonEOSKissDN

6日、ふうわりサンデーな午後。
花まつりでお遊戯を披露する娘。

真っ直ぐな笑顔のままで
これからもいてほしいなって切に想って。




やっぱり写真は数枚しか撮らなかった。
(だって、みたかったんだもん。笑)

[CanonEOSKissDN]

モクレン

2008/04/10(木)


SX-70/600film+ND

毎年見る大きな大きなモクレンの樹。

花がひらくころ、
いろんな想いが目を覚ましてはまた眠りについて
繰り返すうちに記憶も曖昧になってくるのが人間なのかも。

モクレンの写真、今年はこれ一枚しか撮らなかった。

[SX-70]

silence

2008/04/09(水)


SLR680

そっと

時が来るのを

待っているかのように。

[SLR680]

stance

2008/04/08(火)


SLR680

良い意味でどうでもよくなった。

ああ、そうそう。
これでいいの、いいの。

なんて今は思える。

直ぐそこに存在しているもの/こと/ひとが大切で愛しくて
心と身体の神経が働いて
持っていたカメラのシャッターを押すだけ、の動作。


20080405_08.jpg
SLR680

私にとっては、確かに生きている証のひとつにしか過ぎない。

[SLR680]

library

2008/04/07(月)


SLR680

お気に入りの図書館から眺める景色は、
彼女の瞳にどう映っているのだろう。

図書館の中庭で昔からあるソファに寝そべったり、
散歩して鳥の羽根を見つけたり、そんな午後の時間が温かくて。

*

息子、2年生
娘、年長さん

それぞれ無事に進級しました◎

*

HUGrim photograph [ school days.] up.

[SLR680]

setsuna

2008/04/06(日)


FM3A/FUJI NEOPAN1600 Super PRESTO

刹那 ・・・ 極めて短い時間、瞬間


[Nikon*FM3A]

そっと

2008/04/05(土)


CanonEOSKissDN

きっとひとりで生まれたわけでもなければ、
過ごしてきたわけでもなくて、

だから 寂しい なんて言葉の感情が生まれるんだろうか。


声も言葉も形も何も要らないときは、何を欲しているのだろう。
ううん、きっと何も要らないんだと思う。

難しく考えるのは もうやめだ。

[CanonEOSKissDN]

木々たちが

2008/04/04(金)


CanonEOSKissDN

木々たちがおしゃべりをしている。

時には仲良く、時には何かを語るように、そういつだって

人間の噂話をきっとしている はず。

[CanonEOSKissDN]

あ め

2008/04/03(木)


CanonEOSKissDN

見えないものに気付くということは、
見えないことを感じるということなのかも 知れない。

[CanonEOSKissDN]

桜色の想い

2008/04/02(水)


CanonEOSKissDN

桜色 舞うころ 私は ひとり

*

なんて歌う中島美嘉の唄が好きだなぁって思う。

HUGrim TOPフォトやっとこ変わりました苦笑

*

お気に入りのしだれ桜、余韻にしばし酔いしれる。


[CanonEOSKissDN]

終始

2008/04/01(火)


CanonEOSKissDN

終わって始まって、また終わって始まった。
とめどなく流れる月日も また 違って見えて違って想えて。

いつまで経っても絶対に止まって待ってくれないんだもの。

それもまた愛おしく想えたら、それでいいんだと、そう思う。

がんばろう、どこまでがんばれるか、
はたまたがんばるものではないのかもしれないけれど、。

[CanonEOSKissDN]

Copyright(C)2005-2009 HUG*camera All rights reserved.

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。