スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告]

I 'm believed.

2006/06/30(金)


SX-70/600film+ND

あなたを信じるっていうこと。

それは、わたし自身を信じること。

信じ抜いてもいいですか?

何と言われようと信じちゃうけれど、ね。
スポンサーサイト

[SX-70]

2006/06/29(木)


SX-70/600film+ND

他愛もないお喋りがとても愉しくて。

時が止まってしまえばいいのに。

本気でそう思ったの、この一瞬。

[SX-70]

daydream

2006/06/28(水)


SX-70/600film+ND

私は幾度生まれ変わるのだろう。

何度生まれ変わっても、

あなたと出逢いたい。

*

さてと、夢から目覚めようかな。

[SX-70]

それだけで

2006/06/27(火)


SX-70/600film+ND

もうそれだけで充分だと想った。

あなたが存在するという真実

ただそれだけで充分だと想った。

何かを期待し、望むのは罪なことなのかもしれない。

[書籍ver.]

Courage

2006/06/26(月)


LC-A/FUJI TREBI100

大切に想えば想うほど心は豊かになって。
大切に想えば想うほど心は切なくなって。

いつの間にか自分を忘れてしまって。
いつの間にか臆病になってしまって。

いつものようにトンっと私の気持ちを押してくれるあなたの温かい手、
それを今の私は欲しがっているのかもしれない。

勇気をください。

[書籍ver.]

カエルの歌

2006/06/25(日)


LC-A/AGFA vista400

車を走らせていたときに窓を開けるムスコ。

「カエルの歌が聞こえるから窓をあけるんだよ」

と、会話を放つ。
偉大なる自然に気持ちを傾ける人間に育って欲しいと思う。

[LOMO*LC-A]

See you

2006/06/24(土)


LC-A/FUJI TREBI 100

「またね」と「ばいばい」

二つとも別れに使う言葉だけれど、
もう一度逢えますようにと祈りをこめて

「またね」

と、私は言い続けようと
あなたと初めて出逢ったあの日からそう想った。

[書籍ver.]

考え事

2006/06/23(金)


LC-A/FUJI TREBI100

ねぇ。
よく考えてみると、起こる出来事すべてのことに
終わりなんてないんじゃない?

すべてが出発点であり、通過点であり、
終点なんてものはないんだよ。

終わりなんてない。

[書籍ver.]

朝昼夜

2006/06/22(木)


LC-A/FUJI TREBI100

朝を知らせる鳥たちの声で目覚める。

いつもと変わらぬ朝と昼。
いつもと少しだけ違う夜。

瞳を伝う水分を感じる夜は
どうしても闇を感じてしまう。

そんな夜でも、また朝は来るのだ。

さぁ、起きよう。

[書籍ver.]

どんなことでも

2006/06/21(水)


LC-A/FUJI TREBI100

嬉しいこと、愉しいこと、幸せだよということ。
哀しいこと、辛いこと、少しだけ疲れちゃったよ、ということ。

こんなにも美しい夕陽が今日という日に存在したこと。

今生きている私の想いのありったけ、
どんなことでもあなたに伝えたいな。

[書籍ver.]

相合傘

2006/06/20(火)


SX-70/600film+ND

雨の日を楽しもう週間。

と決めたそばから晴れだなんて、
天気にまで空回り。



[SX-70]

my self

2006/06/19(月)


LC-A/AGFA vista400

疑問や不安を抱くよりも
先ずは信じることから始めてみようかと思う。

信じること。

こんなにも簡単なことなんだけれど、
簡単だからこそ難しい。

そんな大人な言い訳をいつの間にかするようになってしまっていた。

[書籍ver.]

father's day

2006/06/18(日)


Kiss DN

雨が降る今日、ムスメが選んだ花束は
ピンク色の淡い小さな小さなグラスブーケだった。

あなたの優しい気持ちがパパに届きますように◎

「ありがとう」の想いを込めて・・・

[CanonEOSKissDN]

青の世界ひとり

2006/06/17(土)


LC-A/AGFA vista400

この一瞬を色でたとえるならば、
迷わず青を選ぶだろう。

私の瞳で捉えたもの全てが青だったから。

それでもあなたはあなたの色を発していた。
だから、直ぐにあなたを感じることができる。

たとえば遠く離れていたとしてもね◎

[LOMO*LC-A]

ひと休み

2006/06/16(金)


LC-A/AGFA vista400

雨の話し声が優しく聴こえる時、

心穏やかなゆとりの時間。

さぁて、ひと休みするかなぁ◎

[LOMO*LC-A]

skyliy

2006/06/15(木)


LC-A/AGFA vista400

今日という日の空は今日だけのもの。
空を見上げると落ち着くのは、
きっとこの空があなたと私を繋げてくれていると思えるから。

この空はきっと誰にでも平等に優しいんだ。

いつかまた、あなたに会えますように。

*

不思議な空が出てきました。
いつ撮ったんだろう。
どんな時に撮ったんだろう。
そんな何気ない空の写真です。

[LOMO*LC-A]

ありがとう

2006/06/14(水)


LC-A/AGFA vista400

昨日の出来事。

これほどまでに沢山の「ありがとう」を
言った事はないかも知れない。

こんな日が毎日続いたら、
きっと世の中は平和なんだろうなぁって感じる。

「すみません」<「ごめんなさい」<「ありがとう」

心がけます。

[LOMO]

生きる

2006/06/13(火)


SX-70/600film+ND

1980年の今日。私は生まれた。
人生で肝心な時は大概が雨のところをみると、
きっと生まれたときも雨に違いないと想う。

出産を終えたばかりの母も
こんな雨の景色を病室の窓越しに見ていたのだろうか。
この世に生まれてきて本当に良かったと心から想う。
だって、あなたと出逢えたのだから。

*

人生の縁って本当に不思議で、まさにエンドレスに廻り続けるものだと思う。

出会いがあれば別れもある。
それでも出会い続けるのが人間であり、別れ続けるのもまた人間。
いや、人間だけでなく息すもの全てにおいて。

だからこそ考えなければならないときも出てくるのだろう。

あなたのためにずっと笑顔であり続けたいと、心に誓おうと思う。
あなたが教えてくれたこの笑顔を大切にすると、心に誓おうと思う。

いつの日か人生をまっとうする日まで。

[書籍ver.]

曖昧

2006/06/12(月)


FM3A/FUJI ACROS100

どうにもこうにも気分がのらないときがある。
無理に気分をあげなくてもいいかなぁとも思う。
でも無理にでもあげなくちゃいけないときもあると思う。

今はどっちつかずで曖昧な感じ。

[Nikon*FM3A]

最速

2006/06/11(日)


KissDN

最近スピード、速さ、流れに関してのエントリが多い気がする。

ジェットコースターって好き。
でもあまりにも垂直に降りるのはちょっとね。

一番好きなのはビッグサンダーマウンテン。

だって、乗り心地最高で気持ちいいから。
違うトロッコ?とすれ違う瞬間にあっち側の人に手を振るの。
もう楽しいったらありゃしない。

昼と夜。違う顔を持っているのも好きな理由のひとつ。
もちろん、両方必ず乗る。乗らないと来た意味がないくらいの勢い。

このくらいの最速の風に吹かれたら
嫌なことも吹き飛んじゃうような気がしない?笑

[CanonEOSKissDN]

ここにいる

2006/06/10(土)


Kiss DN

時の流れは速いけれど。
時間を止めることなんて出来ないけれど。

参った時は速度を変えて。

さて、歩き出そう。

私はいつもここにいるよ。

[書籍ver.]

Somehow...

2006/06/09(金)


LC-A/AGFA vista100

なんとなく考えてみたり、
なんとなく想いたくなったり、
なんとなく見たくなったり、
なんとなく眠くなったり、

そんなこと、なんとなくあるよね?笑

[LOMO*LC-A]

つよく

2006/06/08(木)


Kiss DN

強く素敵な女性になりたいと想った。

[CanonEOSKissDN]

魔法の靴

2006/06/07(水)


LC-A/KODAK GOLD200

オズの魔法使いに出てくるドロシーが履いていた魔法の靴。
とっても憧れていた幼少時代が懐かしい。

ドロシーの靴ほど立派な魔法の靴ではないけれど、
誰にでもきっとそんな靴はあると思うの。

この靴を履いていると、
私をどこか楽しいところへ運んでくれる、そんな気持ち。
ちょっとしたこと、いいことがあるような、そんな気持ち。

これは私にとっての魔法の靴。

あなたもそんな魔法の靴、持っていますか?

さぁ、今日もこの靴を履いて楽しい1日を過ごします◎

[書籍ver.]

星になれたら

2006/06/06(火)


SX-70/600film+ND

いつか星になれたらいいな。
そんなことを日々想う私がいる。

小さい頃から、死んだら星になると思っている。
それは今でも変わらない。

夜空を見上げた先の一番星は昔飼っていた愛犬の親。
その一番星のそばに寄り添う星はその子犬。
まわりに寄り添う星は一昨年死んだ愛猫やら何やら。

きっと理不尽に車にひかれ、たった一人の女子高生に
看取られて死んだ猫も傍にいると思っているんだけれど。

タイトルはMr.childrenの曲名でもある。
落ち込んだ時、気づくとこの歌を心の中で口づさんでいるかも。

星になれたらいいな
虹になれたらいいな

そんなあなたにも憧れているのよ、本当は。

[書籍ver.]

居場所

2006/06/05(月)


FM3A/FUJI ACROS100

私たち親は子供らに安らぎと居場所を
あげることが出来ているのだろうか。

子供たちの安心しきった寝顔を見ると、
少しだけそんな疑問が解消されたりして。

[Nikon*FM3A]

遠足とあの子

2006/06/04(日)


SX-70+600film+ND

遠足。

恥ずかしがりやなムスコが大好きなあの子と行動する。

ほんの数分の同じ帰り道。
ほんの数秒だけ手を繋ぐ。

照れてパッと手を離してダッシュしたムスコが
可愛らしくてたまらなかった。

[書籍ver.]

愛をこめる

2006/06/03(土)


SX-70/600film+ND

いつもいつでもどんな時も
あなたはあなたの想う大切な人と
ずっとずっと笑っていられますように・・・

愛をこめて。

[SX-70]

他愛ない日常

2006/06/02(金)


SX-70/600film+ND

何でもない他愛ない日常が
「あぁ、いいなぁ。」と想える日があると
今は新しい変化なんて必要ないのかも、

なんて考えてしまう。

[SX-70]

一歩

2006/06/01(木)


LC-A/KODAK GOLD200

病気って虫はさ、何でも喰いばんでしまう。

その人の希望も未来も、時には生さえも全てを飲み込む。

そんな中で何かに気づく人はきっとほんの一握り。


*

何てことを以前、手帳の日記に書いていた。(のを見つけた)
何でこんなこと書いたのか、実はさっぱり覚えていない。

[LOMO*LC-A]

Copyright(C)2005-2009 HUG*camera All rights reserved.

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。