スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告]

感情の現実

2006/05/31(水)


LC-A/KODAK GOLD200

悲しい、苦しい、辛い、
そんな人間の感情の痛みを感じるということは

それ以上の幸せという現実があるから。

と、信じたい。

スポンサーサイト

[LOMO*LC-A]

無邪気なハングリー

2006/05/30(火)


FM3A/FUJI ACROS100

いつのことだったろう。
友達が補助輪なしの自転車に乗っているのを見て
「私だって乗れるもん!」って一生懸命練習したっけ。

転んだのを見られて笑われて悔しくて泣きながら頑張った。

子供の頃は無邪気なハングリー精神があった。
何でもとにかく頑張れた。
何のために頑張っていたのかなんて覚えていない。
覚えていないというよりも、
ただひたすらに自分のために頑張っていたのかもしれない。

今は守るものが増えて、この手の中からこぼれないように
必死で抱えこんでいる私がいる。
大切に大切に抱えているからこそ、踏み込む足が慎重になりすぎて。

少しだけ臆病になっている自分を忘れられることが出来たならいいのに。

[Nikon*FM3A]

写真を撮る理由

2006/05/29(月)


FM3A/FUJI ACROS100

写真を撮る理由。
元々、写真にカメラに興味がなかったというわけではなく。

子供が生まれてからはその成長記録も兼ねてカメラを手にしていた。

そんな時に出逢ってしまった目を奪われる写真の数々。
衝撃だった。
何かを伝えるってこういうことなんだ。
何かが伝わるってこういうことなんだ。
そう想えた。
そんな写真を見て、体内の水分が目から流れたのは
その時が最初で最後。

私も伝えたいと想った。
あなたに、そして私自身に・・・。

そして、理由なんて有るようで無いことに
いつの日か気付く日がくるのであろう。

[書籍ver.]

雨の日の記憶

2006/05/28(日)


LC-A/KODAK GOLD200

雨は嫌いじゃない。
私はきっと雨の日に生まれたんだと思う。
そんな記憶が微かに脳裏にある気がしてならない。

大切な日は何となく雨が降る。
だからこそ、私の記憶にいつまでも残ってくれる。

雨が降ると思い出す。あの日の大切な記憶。

[書籍ver.]

メッセージ

2006/05/27(土)


FM3A/FUJI ACROS100

人は必ずしも完璧には出来ていない。
だからあなたはあなたのままでいいんだよ。

少しだけ、ほんの少しだけだけれど、
私があなたの小さくあいた穴をうめてあげるから。
あなたに足りないものは私が補ってあげるよ。

でもね、そんな私もつよがりばっかり言っちゃうんだ。
時には素直になれないこともあるんだよ。

そんな時は「ありがとう」と「ごめんなさい」を
いっぺんに言っちゃおうかな。
中和してきっと素敵な言葉になるはずだよね。

私という存在があなたに何かをプレゼントできますように。

宇宙中、世界中、日本中の私の大切な人へ。

[書籍ver.]

フェンス

2006/05/26(金)


SX70/600film+ND

壁ではない、こんなフェンスを乗り越えることなんて
きっと本当は単純でもっと簡単なことなのかも知れない。

ここから見える風景は、「入ったらダメ」と一線を引かれている。

なんでもかんでもむやみに入っていいものでもなく。
それはなんだって同じことで、生きていく上でも必要なことかなと思う。

フェンスってさ、どうして入っちゃいけないっていうのに向こう側が見えるんだろう。
いっそのこと何も見えない壁にしちゃえばいいのに。
でもそれじゃつまらないんだよね、きっと。
少しだけ垣間見られるフェンスってまるで人間関係。

[書籍ver.]

only one

2006/05/25(木)


SX-70/600film+ND

優しい優しいあなた。
溢れ出る優しさのせいでいっぱい苦しんでしまったの。

お願い苦しまないで。
苦しむための優しさじゃないんだから。
あなたの優しさは誰もが知っているんだから。

さぁステキな笑顔を見せてね。

いつもは私が励まされているのに、逆なんて何だか可笑しいね。

甘酸っぱく、可愛らしい人生の似合うあなたへ。

[SX-70]

ありったけの

2006/05/24(水)


KissDN

ありったけのごくごく普通の日常。

ありったけのごくごく普通の会話。

ありったけのごくごく普通の愛。

あぁなんて私は幸せなんだろう。

[CanonEOSKissDN]

見上げたその先には。

2006/05/23(火)


LC-A/KODAK GOLD200

こんな風に道端に咲く小さな花たちを見上げることが出来たなら
きっと何か違うものを感じることが出来るかも知れない。

日々、何気なく過ごすひとつひとつを
いつの間にか当たり前のように思ってしまっていて
変わりたいのに、変わることに臆病になってしまっている。

見上げた先にはいろんなものがあるのに、
見えないふりをしてしまっている私がいて、
逃げ出したくて逃げ出したくて仕方がなくなるけれど
逃げられない、逃げたくないのが事実でもあったりする。

さて、ここが踏ん張り時なのかな。

[LOMO*LC-A]

創り出す

2006/05/22(月)


LC-A/KODAK GOLD200

子供ってやっぱり凄い。

空想力、創造力、生み出す力、

私はきっとどこかに置き忘れてきてしまったんだろうな。

今、何かを創り出したいものは何かと聞かれれば、

それはきっと「新しい自分」と答えると思う。

[LOMO*LC-A]

公園にて想う

2006/05/21(日)


Kiss DN

久しぶりの晴天。
毎回のことながら、一瞬の成長に目を奪われる。
この間まで「ママ、手繋いでて」って言っていたのになぁ。



Kiss DN

素足がだいすき。
いつの間にかジャンプだって出来るようになっていた。
ふとした時に大人ぶった顔を見せないで。



Kiss DN

笑顔に気をとられる。
あなたの笑顔はこんなにステキなんだよ、って
理由なんてないことを伝えたい。あなたたちがいてくれて良かった◎

[書籍ver.]

ぼくときみ

2006/05/20(土)


LC-A/KODAK GOLD200

いつだって
きみはきみのままでいいんだから。

変わることも大事なことかもしれないけれど、
そのままでいることも時には大切だったりしない?

いつの間にか
きみが僕に何かを与えてくれるんだよ。


「おかあさんといっしょ」の
<ぼくときみ>っていう歌が大好きです◎

ぼくときみはちがうから きみをすきになるのかな
ぼくときみはちがうから みんなをすきになるんだね

この歌を初めて聴いて凄く感動した覚えがある。
ふと思い出した記憶。

[書籍ver.]

年上の彼女

2006/05/19(金)


LC-A/KODAK GOLD200

赤が似合う彼女と歩く時は、
何故か私はいつも歩道側を歩いている気がする。

ちょっとだけ年上の彼女で。
そんな友達に守られている気分。

そんな彼女の隣りはとても居心地が良いもんだ。

[LOMO*LC-A]

正方形の想い

2006/05/18(木)


LC-A/KODAK GOLD200

帰りの車内の音が煩く感じる。
ふと窓の外を見ると、立ち並ぶクレーンの向こうに夕焼け。

夕焼けに自分を映して、静かに眩暈と戦う。

こんな気持ちを素直に伝えられる人になりたいのに。

[LOMO*LC-A]

気づく

2006/05/17(水)


FM3A/KODAK GOLD200

人のありがたみを時々ふっと忘れてしまう時がある。

それは意識的でもない、とても無意識的なもの。
そしてそれほど残酷なものはないのではないかと思うもの。

そんな時はこうして独りで佇んでみるんだ。
きっと何かが見えてくるはずさ。

元々、集団行動は苦手だった。
独りで好き勝手行動している方が楽だと思っていた。
そう、楽なほうばかり選んで生きてきていたんだ。

でも気づいてしまったんだよ。

独りじゃ決して生きていけないことを。

さぁ思い出そう、人のぬくもりを。
さぁ行こう、あの人のもとへ。

[Nikon*FM3A]

そびえる木

2006/05/16(火)


LC-A/AGFA vista100

たとえ目の前にそびえる木が立ち並んでいようとも、

たとえ目の前に大きな山が飛び込んでこようとも、

それを何とも思わない、思わせないような強さがあなたにはあって、

私はいつかそんなあなたに近づいてみたいと想っていて、

きっとその先にあるものは果てしない希望の輝きなんだと信じたい。

[LOMO*LC-A]

群青の夜

2006/05/15(月)


LC-A/AGFA vista100

夜は闇ではなく、群青色で。
橙色の明かりを灯すために存在している。

あたたかいぬくもりを感じるために存在しているんだと想う。
決して夜は寂しいものなんかじゃない。

[LOMO*LC-A]

祈り

2006/05/14(日)


KissDN

私には兄がいて、今年35歳になる。
そんな兄と母は今でも一緒に暮らしているわけだが、
兄はあまり喋らない人なので、
どうにもこうにもお喋りな母は、何かあると直ぐに私の声を聞きたがる。

「声が聞きたかったの。」

私は貴女の恋人かい・・・(笑)

私が高校生のときに父と離婚。
その後、既に働いていた兄と共に私を育ててくれた。

いつもいつも子供中心の生活だったと思う。
我儘ばかり言っていた私がそこにはいたんだと思う。

歳と共に、病院に通うことも多くなり、
病気も抱えるようになり、辛いことも多くなった。

だからこそ、これからはどうかどうか自分のために生きて欲しいと祈る。
私はここにいるから、大丈夫だから。


KissDN

そんな母が

「生きているうちに一度でいいから海外旅行がしてみたい」

と、ふと洩らした。
そして、去年の10月に念願叶って母娘の初めての二人旅。
行き先はハワイ。

透き通る空気に、青い海に、藍い空、そびえる山、
架かる虹、黄金のサンセット、何もかもがステキすぎた。

退院後直ぐの旅行だったから心配だったけれど、
ハワイ現地での母は体調もよく、顔色もよく、とても楽しそうだった。

少しだけ親孝行できたかな・・・と思った瞬間だったかな。

*

もうきっと、母のことを語ることはないと思う・・・かな。

[書籍ver.]

2006/05/13(土)


KissDN

一生懸命なあなたが大好きだ。

*

最近気になるもの。
錆びてたり傷ついてたりへこんでいたり
カタチが歪なもの。何だか愛おしかったりする◎

[CanonEOSKissDN]

湖で想う

2006/05/12(金)


LC-A/AGFA vista100

湖で過ごした朝。
空気が透き通っているのがわかった。

この場所に立って、
この湖を眺めるのはもう何度目になるだろう。

そしてこれから先、
この湖を何度眺めることだろう。

そんなことを想いながら、
過ごした朝の出来事でした。

[LOMO*LC-A]

フェンスの向こう側

2006/05/11(木)


KissDN

ここに立って見る景色と、
あっちに立って見る景色は何が違うの?

本当は同じ景色なのに、
違って見えるのは一体何故なんだろう。

私はいつもここにいるから、
君もこっちに、さぁ私のそばに来て欲しいから。

[CanonEOSKissDN]

ブランコ

2006/05/10(水)


KissDN

カメラで写真で遊んでみよう週間。

(1日で終わりそうだけど笑)

ちなみにこれはサンプラーもどき。
ええ、あくまで「もどき」笑
画像の加工は大きさを変えただけでつ。
で、4枚をくっつけたのみ。おしまいw

[CanonEOSKissDN]

ピンボケセカイ

2006/05/09(火)


FM3A/KODAK GOLD200

目の前に広がるセカイは
それはそれはとても素晴らしく
私がココに立っているのが勿体無いくらいの
そんなセカイ。

心にぽっかりと開いた穴を埋めるべく
降り注ぐ太陽の輝きは
決して無駄とは言えない力であると願いたい。

実際に目の前に広がるセカイはピンボケのセカイ。
目が悪いから。心で見ようとしていないから。
敢えて眼鏡をかけることを避けている私は
なんてなんて弱虫なんだろう。

[Nikon*FM3A]

地球色

2006/05/08(月)


Kiss DN

私を色に例えると黄緑らしい。

ふと見上げると藍い空、
さらに高々と伸びる新緑が眩しくて、
目を細めるのが勿体無くって、
心に刻もうとする一瞬。

地球色。
空の藍、海の青、大地の茶、自然の緑、太陽の橙、
様々な色が溢れる中で生きている喜びを噛締めてみたりする。

そして、あっという間に夏が来る。

[書籍ver.]

守るべきもの

2006/05/07(日)


SX-70/sx70

このエガオがあれば。
私はどんなことにも負けない、強い人間になれる。
そう思えるようになれたのはいつだっただろう。
私の大切な大切なイキルミナモトだ。
何が何でも守らなければ。

そう心に決めたのはいつだっただろう。
私はヒトリじゃないんだ。
そうわかったのはいつだっただろう。


SX-70/sx70

[書籍ver.]

夢食い

2006/05/06(土)


SX-70/600film+NDフィルター

どうかどうかお願いだから、

怖い夢を全部食べちゃってよ。

read more?

[SX-70]

鯉のぼり

2006/05/05(金)


LC-A/AGFA vista100

天高く、

翔けあがれ、

こどもたちよ。

[書籍ver.]

大地

2006/05/04(木)


SX-70/sx70

地に足をしっかりとつける。

私を柔らかく受け止めてくれる感覚を体に心に覚えさせる。

大きく広い大地が、こんなにもちっぽけな私でさえも支えてくれる。

ちっぽけだからこそ、支えてくれるのだろうか。

足の裏から流れてくる大地からの電流が体を通り、

心に、頭の中に、押し寄せてくるの。

波のように。

忘れてはならない、この大切な出逢い。

[SX-70]

彷徨う

2006/05/03(水)


LC-A/KODAK GOLD200

それほど大きくない掌を思い切り広げて腕を伸ばす

光を掴む

その光はするりと私の指の隙間からすり抜けていく

そう、それは輝く彷徨える幻だった。

[LOMO*LC-A]

The fairy of a wind

2006/05/02(火)


FM3A/FUJI ACROS100

風の妖精。

[Nikon*FM3A]

Copyright(C)2005-2009 HUG*camera All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。